FC2ブログ

日本酒で。。

2017/05/29
昨夜はお友達と語らい飲み会。。お酒ホントに久しぶりでした。。
昨日は、凄く悪い予感が的中して、凄く泣きたい気分でした。でも、大好きなお友達との語らいは、
結局、笑いが絶えない楽しい時間でした。ヨカッタ(笑)。

悪い予感は的中するものです。そういう流れになる点と点が線になる、、
それは偶然とかではないのですが、かと言って不条理である事も多々。。
私が泣いている遠くで、楽しんでいる人もいたりします。勿論その反対もあります。

でも今日は楽しかったので、日本酒なみなみ(笑)、頂いちゃいました。
IMG_20170528_220613.jpg 
スポンサーサイト



comment (0) @ LIFE

こちらが最新

2017/05/28
先日ご紹介させて頂いた、Keikoさんの
コチラのYouTubeはご自分で作成されたそうです。
詞がより引き立つようピアノアレンジしました。。そう感じて下さると嬉しいです。

comment (0) @ YouTube

今月は

2017/05/16
とにかく制作とアレンジをしています。
自宅でずーっとしています。
日付けと曜日、更に時間もわからなくなるような毎日。。
お天気もいいのに、日光に浴びる事も無く、、、。
そんな毎日ではありますが、そんなもんだ、、と、割と冷静に過ごせています。
お仕事だし、完成させた時の達成感は自分だけの喜びではありますが、
なかなか感慨深く、充実していたりします。

でも今週はギターリストさんに来て頂いて、レコーディング。
人に会えます(笑)。あっ、あとは作家さん達との打ち合わせも今週末にあるから、
皆さんにお会い出来る(笑)。
という訳で、自分の仕事のひと区切りがつくまでは、ライブはお休みですが、
何となく充実なのでした。

今回から写真のサイズを少し大きくしてみました☆
見やすいかもです!
でも、この写真自体は見づらい(笑)?
私の制作中のPC画面でございます。Mac、、、もう20年近くの利用者ですが、
やっぱり、、もし私が音楽してなくてもMacを選んでいたかな。。

私はですね、、あれは2015年、、初めてご一緒させて頂いたミュージシャンとの
流れの中で驚いた事が実はありまして、、、。
私は音楽家は「絶対」にMacユーザーだと思い込んでいましたところ、、私以外の
そこにいらっしゃった音楽家様(ミュージシャン)は全員Windowsユーザーでして、
非常に驚いた、、、事を思い出しました。。今。。ふと。。

IMG_20170514_120624_957.jpg 
comment (0) @ MUSIC

世界で一番素敵な言葉

2017/05/06
昨日ここに書いたピアノアレンジ作品。
動画はありませんので、Keikoさんの声とピアノ良ければ聴いて下さいね。
【世界で一番素敵な言葉】

comment (0) @ MUSIC

MOMOとの制作1

2017/05/05
私の歌のレッスンに来ていた頃のMOMOちゃんはまだ16歳、当時は音大のポピュラーボーカルコースに入学したいという理由でレッスンに来ていたのですが、家庭の事情が変わり、高校卒業後、彼女は働きながら歌の道へ。
高校生で通っていた頃から、驚く程の才能と感性を持っている彼女でした。
この動画は、卒業後に一緒に札幌でライブしたときの動画。彼女の最初のCDを全曲アレンジ・プロデュースさせて頂きました。動画では札幌在住のミュージシャンとともに、私もピアノとコーラスしてます。何て言うか、、歌で、歌詞で、声で魅了する10代のパワーです。


comment (0) @ YouTube

ピアノアレンジ

2017/05/05
不思議なご縁でお会いした女性ボーカリストKeikoさん。

彼女のBlogには音楽の事だけでなく、彼女が生きて行く上で常に付き合わなくてはいけない【多発性硬化症】のことが書かれています。

私も全くと言っていいほど知識は無く、Keikoさんはホントに優しくて明るい女性なのですが、時々、発熱や眩暈などの体調不良に襲われ、自分で注射して体調を管理しているそうなのです。

そんな彼女からのご依頼により、彼女が歌う曲のピアノアレンジをさせて頂きました。
すごく長い曲なのですが、歌詞に思い入れがある中での長い曲。。私も、聴いて下さる方に飽きさせないようピアノアレンジと演奏なんとか頑張りました。
この曲は難病で苦しむ方達の応援ソングでもあります。

この曲を通して、またKeikoさんのBlogから、【多発性硬化症】という難病について知って頂けたら幸いです。

彼女のBlogはコチラです【Vo.Keikoのブログ】
音源は近々完成予定です。私のピアノとKeikoさんの歌とのDuoです。
しばしお待ちを。

comment (0) @ MUSIC